選手のためのスポーツ心理学

心理学の専門家が【今日から現場で使えるスポーツ心理学の知識】を発信中。

緊張 練習 試合

セルフでできるメンタルトレーニング①【自分のプレーに自信をもつ】

投稿日:2021年1月22日 更新日:

競技をやっていると、本番発揮や日々の練習の中で「自信をつくりたい!」と強く思う選手も多いと聞きます。
今回は、【自信を作る】ための、1つの方法についてご紹介したいと思います。
今日、明日から実践できることですので、ぜひ読んでみてくださいね^^

目次

今回は、以下の2つの項目について書いていきたいと思います。

①自信とは何か
②自信をつくるための方法


それでは早速見ていきましょう!

①自信とは何か

ストレッチで自信を持ってアスリートトレーニング筋肉 無料写真

まず、自信の作り方を紹介していくうえで、【自信とは何か】の定義を簡単にご紹介したいと思います。

日本スポーツ心理学会の発行するスポーツメンタルトレーニング教本の一説を引用すると、

自信とは一般的に
・自分の能力や価値を確信していること(新村,1998)
・ある行動をうまく遂行できるという信念(Weinberg,1992)
・自分は有能であるという実感(Nathaniel,1992)
であるといわれています。

抽象的な概念なので、直感的に理解することが難しいと思うのですが…
「自分自身の能力・価値・行動の遂行」や「良い結果」に、確信を持てている状態ということでしょうか。

また、自信は

①結果にたいするもの:試合の結果にたいする目標を達成できるかという確信度
②自分のパフォーマンスに対するもの:自分が立てたプレーの目標を達成できるかという確信度

の2つに分けることもできると言われているようです。
これは、少しイメージが湧きやすいかもしれません。

例えば、バスケットボールの全国大会で優勝することが、①結果に対する自信であり、フリースローのシュートを入れるということが、②自分のパフォーマンスに対する自信ですね^^

このように、「自信」という1つの言葉にしても、色々な側面からの意味が含まれていることが分かります。
今回はその中でも、結果ではなく、「自分自身のパフォーマンスや行動への自信を高める方法」にフォーカスして、ご紹介していきたいと思います。

②自分のプレーの自信を高めるための手順

今回は、「自分自身のパフォーマンスや行動への自信を高めること」にフォーカスしていきたいと思います。
そして、この方法についても、様々なものがあると思いますが、今回はその1つの手順についてご紹介していきたいと思います。

==================

行動への自信を高めていく手順】
①試合の中で自信をつけたい行動を1つ選ぶ
(例)フリースローへの自信をつけたい
②現状を把握する
(例)試合になると緊張してうまく入らない。正しいフォームが身についていない。
③自信があるときの自分は、どのようにプレーしていそうか?
(例)フォームの基礎がしっかりできている。心に余裕があり、視野が広い。
④そこに近づくための、第一歩目を考える
(例)まずは正しいフォームを基礎から身に付ける。ボールなしでフォームを練習する。
⑤実行する
(例)今日の夜、正しいフォームづくりを50回ボールなしでやる。
⑥クリアできたら次の課題を設定する。できなければ、もう少し小さな目標を設定する。
(例)
できたとき:次はボールありで50回練習してみる。
できなかったとき:そもそも正しいフォームが分からなかったので、理想とする選手の動画を見る。

==================

これを着実に実行していくことで、「成功体験」や「事実として良いプレーができるようになること」が積み重なり、「自信」を高めていくことにつながっていきます。
ポイントとしては、「小さな目標」を設定し、それを「乗り越える」経験を沢山積み重ねていくことです。

小手先のテクニックではなく、
事実に基づく自信の高め方ですので、一朝一夕にはいきませんが、やった分だけ自分の着実な自信となっていきます。

自分のプレーを磨きたい方、自信を持って試合に臨みたい方は、参考にしてみてくださいね^^

********
今回は、「自分自身のプレーへの自信の高め方」について記事を書いていきました。まずは、1つでも自信のあるプレーを身につけることで、他の行動へのモチベーションも高まっていきますよ^^

-緊張, 練習, 試合

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

【最高のプレーを量産する】ルーティーンの作り方

選手の皆さん、「ルーティーン」という言葉を、聞いたことがありますか? イチロー選手がバッターボックスに入ったときに行うあの動作、五郎丸選手がキックをする前にとるあのポーズ、などでとても有名になりました …

【前日までに準備しよう】本番当日のタイムスケジュールを書いてみる

本番に力を発揮するために、選手の皆さんはどのような準備をしていますか? 今回は、本番に力を発揮する為に、【前日までにできる準備】をご紹介していきたいと思います。 最高の準備をして、試合で力を発揮してい …

セルフでできるメンタルトレーニング②【セルフモニタリング】

選手の皆さん、寒い日が続いていますがいかがお過ごしでしょうか。今日は、セルフでできるメンタルトレーニングの2つ目、「セルフモニタリング」についてご紹介していきたいと思います。競技だけではなく、日常生活 …

臨床心理士・公認心理師による【選手のためのスポーツ心理学講義】

皆さんこんにちは。アスリートを専門領域とする臨床心理士・公認心理師の小林史乃です。 これから、選手に向けた、現場に役立つスポーツ心理学/臨床心理学(その他心理学)の知識を発信していきます。ぜひ、結果を …

【あの練習が嫌い…】練習中のストレスに対処していく方法

競技をしている中で、選手の皆さんは【緊張や不安場面】など多くのストレスに日ごろから直面していると思います。 そんな中、今回は【練習のストレスに対処していく】ためのヒントをご紹介したいと思います。 部活 …