選手のためのスポーツ心理学

心理学の専門家が【今日から現場で使えるスポーツ心理学の知識】を発信中。

緊張 試合

【試合で使える】あがりの防止②認知面からの対処

投稿日:2020年5月14日 更新日:

前回の記事では、「あがり」の防止について、身体面からの対処法をお伝えしていきました。

今回は、認知面(考え方)からの対処法をご紹介していきます。

対処の方法が増えていくことで、様々な状況への対処が可能となりますよ。

「認知」から「あがり」に対処する方法

自分の考え方のことを「認知」と呼んだりもするのですが、今回はこの「認知」を使って、「あがり」に対処していく方法をご紹介します。

それでは、「認知」面から「あがり」に対処していく方法は以下の通りです。

=======

①「今から自分にできること」にフォーカスする
過去は変えられませんが、今と未来はコントロールをすることができます。
「今から自分にできることは?」と常に問いかける癖をつけておきましょう。

②キーワードを使う
自分がリラックスできるような言葉、試合で大切にしたい言葉を握っておくことで、不安の軽減や緊張の軽減をすることができます。
自分があがってしまったときの対処として、思い出すとよさそうな言葉をいくつか書き出しておきましょう。
【リラックスできる言葉の例:リラックス/動きに集中/今に集中/温かい感じ…etc】
【試合で大切にしたい言葉の例:No.1プレイヤー/スピード/高さ/自分が引っ張る…etc】

③緊張していることに気が付く
自分が緊張している、あがっていることに、まずは気が付くことで、何かしらの「対処」を試みることが可能になります。
まずは、緊張していると「認知」することが大切になります。これは、日常生活や普段の練習から意識することができるので、ぜひ自分の状態を客観的に観察するクセをつけていってください。

④「~~しない」ではなく、「○○する」という意識を持つ
言葉を用いるときに、「ミスしない」という否定形ではなく、「コートの中心にサーブを入れる」というように、肯定的な言葉遣いにしていきます。
そうすることで、【具体的な対処】に意識が向くようになっていきます。自信がなくなってしまったときこそ、「~~しない」という守りの言葉ではなく、「バントを狙う」などの、具体的で肯定的な言葉を意識していきましょう。

以上、認知面からの「あがり」の対処法をご紹介していきました。
試合に限らず練習でも意識できることなので、ぜひ日頃から使ってみてくださいね。

********
人は、後天的に【本番に強い】を身につけることができます。
緊張しても大丈夫。色々な対処法を身につけ、まずは本番への準備をすることから始めていきましょう。

-緊張, 試合

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

【不安・緊張への対処】まずは「思考・感情・身体・行動」の現状把握から

試合の時など、競技をしていると「不安や緊張」といったネガティブな感情が出てくる場面もありますよね。 そこで今回は、そのような感情に対処していくための一歩目【まずは現状把握をすること】についてお伝えして …

【ルーティーンを作りたい選手へ】作るためのコツや大切な考え方とは?

選手の皆さんの中には、すでにルーティーンを作っていらっしゃる方、やってみたいけど迷っている方、ルーティーンを作らないと決めている方…パフォーマンスを発揮する為のルーティーンに対して、色々な考え方がある …

【試合で使える】あがりの防止①身体面からの対処

以前の記事では、【「あがり」の兆候5つ】について、ご紹介しました。 そこで今回は、あがってしまったときの具体的な対処法について解説をしていきます。 あがってしまったときに、どのようにリカバリーしていく …

練習と練習の間が肝心!成長速度を高める習慣をつくろう

選手の皆さん、練習前や練習後など、練習以外の時間をどのように過ごしていますか?今回は、練習と練習の間でできる【成長速度を高めていくための習慣作り】をご紹介したいと思います。練習の効果を高めたい選手、常 …

【客観的に認識しよう】「あがり」の兆候5つ

緊張して、どうにも体が思うように動かなくなってしまった経験はありませんか? 今回は、【あがりの兆候】についてご紹介していきます。 自分が緊張によって思うようにプレーできなくなったときを思い返しながら、 …