選手のためのスポーツ心理学

心理学の専門家が【今日から現場で使えるスポーツ心理学の知識】を発信中。

練習

【目標を達成するために】正しい計画の立て方

投稿日:

選手の皆さん、目標をたてても、なかなか思い通りに実行できなかった経験はありませんか?
そこで今回は、目標をたてた後の【計画の立て方】をご紹介していきます。
目標をいつも達成できずに終わる選手、計画倒れしやすい選手はぜひ見てみてください。

目標までの計画を立てる手順4つ

計画を立てる手順は以下の4つです。

①目標達成時の「自分」について詳しく書く(15分)
②やるべきことをすべて書き出してみる(15分)
③試合(目標達成日)までのスケジュールを可視化する(15分)
④今日・明日から1㎜でも始める(10分)

(時間を決めて取り組むと、より集中力が高まるので、参考までに作業時間の目安を書いてあります)

では、早速次項で詳しく解説していきます。

①目標達成時の「自分」について詳しく書く

目標を達成するためには、【目標】も大切なのですが、目標を達成した時の【自分】にフォーカスすることが、とても重要になります。

なぜなら実際に行動を起こす人は、自分自身だからです。

そこで、以下の項目を書き出してみましょう。

・達成したい目標
・どんな姿(外見)
・どんな中身(大事にしていること、性格)
・手に入れているメンタル、技術、フィジカル

どんな自分、どんな技術が手に入っていると、目標が達成されるか。

項目ごとになるべく詳しく書き出してみてくださいね。

②やるべきことをすべて書き出してみる

では、①の自分を手に入れるために、「何ができるか」を書き出してみましょう。
これをすると、【具体的な行動】が見えてきて、目標までに努力すべきことが分かります。

そのときに、 フィジカル/メンタル/技術/道具の調整 など、項目をあらかじめ作っておくと書き出しやすいです。(①の項目を使ってもOK)

まずはA4用紙などの紙に、箇条書きでも良いので、思いつく限り書き出してみましょう。

③試合(目標達成日)までのスケジュールを可視化する

やることをすべて書き出したら、目標達成日までのスケジュールを書いてみましょう。

※例えばこんな感じでスケジュールを書いてみます。

さらに以下のことを書き込んでいくと、わかりやすく可視化できます。

・1か月ごとや1週間ごとに【テーマ】を書き込んでいく
(例:スピードがテーマ、技術がテーマ、など…自分がしっくりくる言葉でOK)

・②で書き出した、やるべきことが、どこでできそうか、具体的に書き込んでいく(毎週、毎日ルーティーン化してもOKだし、どこか1日決めて実行するのでもOK)

白紙に書いてもいいし、スケジュール表に書き込んでいっても大丈夫です。
見える化することで、まずは時間を意識していきましょう。

④今日・明日から1㎜でも始める

最後に、最も重要なことは「今日・明日から1㎜だけでも行動を起こす」ことです。
一歩目を踏み出すことが最もハードルが高いのですが、これを確実に行うことで次の行動につながっていきます。

そのため、スケジュールを書くことができたら、【今日・明日からできる小さな行動】を考えていきましょう。

継続でもっとも大切なことは、まずは【1㎜でもいいから取り掛かること】です。

長い道のりだと思いますが、毎日の積み重ねを仕組み化しながら、継続していきましょう!

********

今回は、計画の立て方の手順を解説していきました。

計画を立てた後は、まずは完璧を目指さずに【1mmでも取り掛かること】を意識しながら実行してみてくださいね。

-練習

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

アスリートに重要な【仮説と検証の意識】

日々の練習がただ「こなすだけ」になってしまい、効果を実感できていない選手は意外と多いと聞きます。 身体にも負荷がかかる練習を、意味のないものにしてしまうともったいないですよね。 今回は、そのような「意 …

【選手が今だからできること】ブレインストーミングをやってみよう

現在は、コロナウイルスの影響でなかなか練習が思い通りにできない選手も多いと聞きます。そこで今回は、自宅でできる【ブレインストーミング】という思考法をご紹介します。 紙とペン(+あればフセン)さえあれば …

【練習の質を高める】日誌を書くことのメリット

日誌を書いたり、練習の振り返りをして、毎日の練習の質を高めている選手も多くいらっしゃると思います。そこで今回は、心理学的に日誌を書くメリットを改めて紹介していきたいと思います。 この記事を読むと、まだ …

【練習の濃度を高める】「記憶」の活用方法

1日1日の練習が大切だと分かっていつつも、「練習の質」を常に高めていくことは難しいことだと思います。 そこで今回は、そのような練習の濃度を高めるための1つ【記憶の活用方法】についてご紹介します。 「記 …

【生産性を高める】コントロールできるものに集中しよう

「試合中に雨が降ってきたからイライラする…」「仲間が思い通りに動いてくれなくてむかつくな…」このように、自分がコントロールできないものに引っ張られてしまい、【今自分にできること】に集中ができなくなって …