選手のためのスポーツ心理学

心理学の専門家(臨床心理士・公認心理師)がアスリートのための情報発信をしていきます。

未分類

【不安・緊張への対処】まずは「思考・感情・身体・行動」の現状把握から

投稿日:

試合の時など、競技をしていると「不安や緊張」といったネガティブな感情が出てくる場面もありますよね。

そこで今回は、そのような感情に対処していくための一歩目【まずは現状把握をすること】についてお伝えしていきたいと思います。

紙とペンがあれば、今すぐ練習できるのでぜひ読みながら実践してみてくださいね。

「不安・緊張」時の現状把握のやり方

不安や緊張が出てきたときに大切になるのが、「現状を把握すること」です。現状把握を、大事な場面でできるようになるために、以下のステップを実践していきましょう。

①練習として、紙に書き出してみる

②何度も実践する

③大事な場面で自動化していく

それでは、次項で詳しく紹介します。

①練習として、紙に書き出してみる

大事な場面で瞬時に、【自分の状態を把握する】ためには、練習をしておくことが大切です。
そのために【紙に書き出す】ところから始めていきます。以下のように練習してみましょう。

============
それでは、皆さんが最も緊張する場面を1つ取り上げてください。
その場面を思い浮かべ、以下について詳しく書き出してみてください。
①思考・・・頭の中にある考え
②感情・・・短く言い切れるそのときの気持ち・気分
③身体・・・体の状態
④行動・・・そのときにどんな行動をとったのか

以下、バスケットボール選手の例を挙げますので、参考にしてみてください。

(例)バスケットボール選手:試合後半のフリースロー
①思考・・・失敗したら自分のせいで負ける/練習してこなかったからな
②感情・・・不安、緊張、恐怖、プレッシャー
③身体・・・緊張しすぎてふわふわ軽くなっている感じ、手汗がでる
④行動・・・何も考えずに打つ、適当に打つ

============

以上のように、場面を1つ取り上げたらその時の4つの項目をできるだけ詳しく書いていきましょう。
ポイントとしては、何が思考で何が感情で…とこだわって分類することよりも【まずは書き出してみる】ということが大切です。多少分類が間違っていてもOKです。自分の中にあるものを全部書き出すつもりで、外に出していきましょう。

②何度も実践する

以上のように、書き出すことができたら、それを繰り返し行っていきましょう。取り扱う場面や出来事は、競技のことだけに限らず【日常でストレスに感じたこと】【逆に競技でうまくいったこと】などでもOKです。

どんなネタでもOKなので、「1場面取り上げ、4つの項目を詳しく書き出す」ということを続けてみてください。
そうしていくことで、【自分が今何を感じているのか】【どんな行動をとりやすいのか】を常にモニタリングできるようになっていきます。
それが分かると、【じゃあどうすればいいの?】という対処に進んでいくことができます。
まずは、紙に書き出し、自分の状態を把握することに慣れていきましょう。

③大事な場面で自動化していく

紙に書き出すことができるようになっていったら、試合や本番などの大切な場面で【頭の中で同様のことを実践】していきます。

先ほど紙に書き出していただいたことがあると思うのですが、同様に、頭の中で4つの項目に基づき、現状把握できるようにしていきます。
というよりも、紙に書き出すことを繰り返しやっていくことで、自動的に現状把握をする力がついてくると思います。

まずは、紙に書き出す、そして繰り返し練習することを実践していくことで、最終的に自動化できるようになります。

そして、これはネガティブな出来事だけでなく、ポジティブな出来事にも応用することができます。
自分がうまくいったときには、逆にどんな「思考・感情・身体・行動」だったのかを振り返ることも役に立つと思います。「不安や緊張」に対しては困っていない選手も、ぜひ実践してみてくださいね。

*******
今回は、不安や緊張時の【現状把握のやり方】についてお伝えしていきました。自分自身が何を感じているのかをわかるようになることで、「それに対処していくこと」が可能になります。その第一歩目として、まずは紙に書き出してみてくださいね。

-未分類

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

【競技力を高めるための】情報収集のコツ

強くなるため、競技力を向上させるために、色々なことを勉強したり情報を収集したりすることも多いと思います。しかし、そのようにインプットした情報を実践に活かしていくということは難しいと感じている選手も多い …

【生産性を高める】コントロールできるものに集中しよう

「試合中に雨が降ってきたからイライラする…」「仲間が思い通りに動いてくれなくてむかつくな…」このように、自分がコントロールできないものに引っ張られてしまい、【今自分にできること】に集中ができなくなって …

【試合で使える】「キーワード法」で重要なことを握っておく

試合のここぞ!というときで、自分の力を発揮できるようになりたい!誰しも、最高のパフォーマンスが発揮出来たらいいですよね。 今回は、大事な場面で力を発揮できるようにする方法【キーワード法】についてご紹介 …

【客観的に認識しよう】「あがり」の兆候5つ

緊張して、どうにも体が思うように動かなくなってしまった経験はありませんか? 今回は、【あがりの兆候】についてご紹介していきます。 自分が緊張によって思うようにプレーできなくなったときを思い返しながら、 …

【トップ選手になるために】セルフコンパッションの高め方

強くなるためには何をしたら良いのか、メンタルを鍛えるためには何をすればいいのか、日々試行錯誤する選手もいらっしゃると思います。 今回は、メンタルを鍛えることの1つ【セルフコンパッションを高めること】に …