選手のためのスポーツ心理学

心理学の専門家が【今日から現場で使えるスポーツ心理学の知識】を発信中。

練習

アスリートに重要な【仮説と検証の意識】

投稿日:

日々の練習がただ「こなすだけ」になってしまい、効果を実感できていない選手は意外と多いと聞きます。

身体にも負荷がかかる練習を、意味のないものにしてしまうともったいないですよね。

今回は、そのような「意味のある練習」をするための【思考法】をご紹介します。

意味のある練習をするためには、【仮説と検証】が大切

結論から言うと、毎日の練習を意味のあるものにするためには、【仮説と検証】の意識を持つことが非常に大切です。

これを聞くと、「研究者のようだな」「なんだか難しいな」と思われる方もいるかと思いますが、簡単に言うと【チャレンジを設定し、その効果を振り返ること】が大切であるということです。

もう少し具体的に言うと、例えば今日の練習では「腿を3cm高く上げて走ってみよう」というチャレンジを決めて、練習で実践してみます。

そして、その効果をその後振り返り、腿を上げることが良いのか、上げたほうが良いけどもう少しだけ微調整が必要なのか、そもそも上げない方が良いのか…etcと、考察して、次のチャレンジをまた設定します。

このように、【行ったアクションに対して、効果を振り返るクセを持っておく】と毎日の練習は非常に有意義なものになります。

実践する際のコツ2つ

以上のように、【仮説と検証】を行うことによって、毎日の練習に無駄がなくなり、成長を加速させることができますよね。

では、実際に【仮説と検証】を実行する際のコツを2つお伝えさせていただきます。

①チャレンジは具体的な行動にまで落とし込む

②振り返りを必ず行い、次のチャレンジを決める

この2つを意識していきましょう。

①チャレンジは具体的な行動にまで落とし込む

1つ目のコツは、「チャレンジを具体的な行動にまで落とし込むこと」です。

先ほどの例でいうと、「走るときに腿を3cm高く上げてみる」ということが具体的な行動になります。

例えばこれが、走るときに「腿を高く上げる意識をする」だけであると、少しふわっとしたチャレンジとなってしまいます。

そこで、「3cm高く上げる」という【外からも観察できる客観的なチャレンジ】を設定することで、自分もやるべきことが明確になります。

②振り返りを必ず行い、次のチャレンジを決める

2つ目のコツは、チャレンジをした後に、【振り返りを行うこと&次のチャレンジを決めること】をセットで行うことです。

練習をやってみると、そのチャレンジから学んだことがあると思います。

そこで、練習後にチャレンジの過程や結果を振り返り、そこから学んだことを次の練習でどのように活かすのか、決めることが大切になります。

【振り返りを行ったら、次の日のチャレンジを決める】、必ずセットで行っていきましょう。

*********

以上、アスリートに重要な【仮説と検証】の思考法をご紹介しました。

毎日の練習の質を高めるために、ぜひチャレンジしてみてくださいね。

-練習

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

【セルフコーチングに最適!】アスリートにも使える認知行動療法

選手の皆さん、認知行動療法という言葉を聞いたことがありますか?精神疾患の治療にも用いられる【心理療法】のことです。 今回は、アスリートのセルフコーチングにも使うことができる、【アスリート版:認知行動療 …

【選手がやるべき】記憶、感情、思考を総動員する“絵日誌”のススメ

練習の質を高めたい選手であれば、毎日の練習後の日誌が、日課になっている方も多いですよね。今回は、【記憶、感情、思考を総動員する】圧倒的にコスパの高い「絵日誌」のつけ方について、ご紹介します。 絵が得意 …

【学生アスリートこそ】メンタルコーチが必要な3つの理由

学生アスリートの皆さん、【メンタルコーチは、トップ選手にこそつくべきもの】と思ってはいませんか? 今回は、学生アスリートこそメンタルコーチをつけるべき理由についてお話していきます。 自分史上最高のパフ …

【試合前に使える】リラクゼーション:漸進的弛緩法とは

試合で緊張して、うまく力が発揮できない…ということを経験したことのある選手も多いのではないでしょうか。  そこで今回は、試合の緊張時にも使える【漸進的弛緩法】についてご紹介します。  この技 …

【動作の改善に有効】視覚情報を使った振り返り

視覚情報を使った振り返りを行うことで、【良かったプレーの再現性を高める】【動作の改善】ことができます。 今回は、【視覚情報を使って】具体的にどのようにして振り返りを行うか、2つのポイントを解説します。 …