選手のためのスポーツ心理学

心理学の専門家が【今日から現場で使えるスポーツ心理学の知識】を発信中。

練習

アスリートに重要な【仮説と検証の意識】

投稿日:

日々の練習がただ「こなすだけ」になってしまい、効果を実感できていない選手は意外と多いと聞きます。

身体にも負荷がかかる練習を、意味のないものにしてしまうともったいないですよね。

今回は、そのような「意味のある練習」をするための【思考法】をご紹介します。

意味のある練習をするためには、【仮説と検証】が大切

結論から言うと、毎日の練習を意味のあるものにするためには、【仮説と検証】の意識を持つことが非常に大切です。

これを聞くと、「研究者のようだな」「なんだか難しいな」と思われる方もいるかと思いますが、簡単に言うと【チャレンジを設定し、その効果を振り返ること】が大切であるということです。

もう少し具体的に言うと、例えば今日の練習では「腿を3cm高く上げて走ってみよう」というチャレンジを決めて、練習で実践してみます。

そして、その効果をその後振り返り、腿を上げることが良いのか、上げたほうが良いけどもう少しだけ微調整が必要なのか、そもそも上げない方が良いのか…etcと、考察して、次のチャレンジをまた設定します。

このように、【行ったアクションに対して、効果を振り返るクセを持っておく】と毎日の練習は非常に有意義なものになります。

実践する際のコツ2つ

以上のように、【仮説と検証】を行うことによって、毎日の練習に無駄がなくなり、成長を加速させることができますよね。

では、実際に【仮説と検証】を実行する際のコツを2つお伝えさせていただきます。

①チャレンジは具体的な行動にまで落とし込む

②振り返りを必ず行い、次のチャレンジを決める

この2つを意識していきましょう。

①チャレンジは具体的な行動にまで落とし込む

1つ目のコツは、「チャレンジを具体的な行動にまで落とし込むこと」です。

先ほどの例でいうと、「走るときに腿を3cm高く上げてみる」ということが具体的な行動になります。

例えばこれが、走るときに「腿を高く上げる意識をする」だけであると、少しふわっとしたチャレンジとなってしまいます。

そこで、「3cm高く上げる」という【外からも観察できる客観的なチャレンジ】を設定することで、自分もやるべきことが明確になります。

②振り返りを必ず行い、次のチャレンジを決める

2つ目のコツは、チャレンジをした後に、【振り返りを行うこと&次のチャレンジを決めること】をセットで行うことです。

練習をやってみると、そのチャレンジから学んだことがあると思います。

そこで、練習後にチャレンジの過程や結果を振り返り、そこから学んだことを次の練習でどのように活かすのか、決めることが大切になります。

【振り返りを行ったら、次の日のチャレンジを決める】、必ずセットで行っていきましょう。

*********

以上、アスリートに重要な【仮説と検証】の思考法をご紹介しました。

毎日の練習の質を高めるために、ぜひチャレンジしてみてくださいね。

-練習

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

【選手が今だからできること】ブレインストーミングをやってみよう

現在は、コロナウイルスの影響でなかなか練習が思い通りにできない選手も多いと聞きます。そこで今回は、自宅でできる【ブレインストーミング】という思考法をご紹介します。 紙とペン(+あればフセン)さえあれば …

【最高のプレーを量産する】ルーティーンの作り方

選手の皆さん、「ルーティーン」という言葉を、聞いたことがありますか? イチロー選手がバッターボックスに入ったときに行うあの動作、五郎丸選手がキックをする前にとるあのポーズ、などでとても有名になりました …

【練習の濃度を高める】「記憶」の活用方法

1日1日の練習が大切だと分かっていつつも、「練習の質」を常に高めていくことは難しいことだと思います。 そこで今回は、そのような練習の濃度を高めるための1つ【記憶の活用方法】についてご紹介します。 「記 …

【練習の質を高める】日誌を書くことのメリット

日誌を書いたり、練習の振り返りをして、毎日の練習の質を高めている選手も多くいらっしゃると思います。そこで今回は、心理学的に日誌を書くメリットを改めて紹介していきたいと思います。 この記事を読むと、まだ …

一流選手に共通する3つの特徴【心理学的に考察してみた】

一流選手になるために、どのような要素が必要なのでしょうか。 色々な考え方があると思うのですが、今回は、私の日ごろのアスリートとの関わりや心理学的な知見に基づいて【一流選手に共通する3つの特徴】を考察し …