選手のためのスポーツ心理学

心理学の専門家が【今日から現場で使えるスポーツ心理学の知識】を発信中。

思考 試合

【試合で使える】「キーワード法」で重要なことを握っておく

投稿日:2020年5月12日 更新日:

試合のここぞ!というときで、自分の力を発揮できるようになりたい!
誰しも、最高のパフォーマンスが発揮出来たらいいですよね。

今回は、大事な場面で力を発揮できるようにする方法【キーワード法】についてご紹介します。

練習においても使える方法なので、ぜひ最後まで読んで明日から実践してみてください。

キーワード法で、重要なことを握る

キーワード法を使うことで、スポーツの技術や試合において【重要なこと】を常に握っておくことができます。

文章ではなく、【短いキーワード】で、意識・実践すべき大切なことをまとめておきます。

例えば、とある陸上選手の100mの試合の場合。このようなキーワードを、レースの局面ごとに意識しているようです。
【バッと/臀部/押す/ダイナミック/接地/重心/グラグラ】

その選手にしか分からない独特な表現に見えるかと思いますが、最高のプレーができているときに、どんな体の感覚、どんな言葉や音、がキーワードとし浮かんでくるか、選手それぞれで異なると思います。

今回は、そんな自分にとって【重要なキーワード】を見つけて、大切な試合で常に自分の力を発揮できるようにしていきましょう。

自分のキーワードを探そう

それでは、自分のキーワードを早速見つけていきましょう。
キーワードを見つける手順は以下の通りです。

=======

①プレーの中の1シーンを切り取る
どこでも良いのですが、自分にとって重要なプレーや技術の1シーンを取り上げてみてください。【例:バレーボール選手であれば「スパイク」/バスケットボール選手であれば「ゴール下のシュート」など】
自分が力を発揮したい・技術を磨きたいシーンを1つ取り上げてみます。

②そのシーンのキーワードを決めてみる
そのシーンの中で、どんな言葉を握っておくと、どんなことを意識しておくと、良いプレーが発揮できそうか、いくつかのキーワードを考えます。
【例:バレーボール選手「スパイク」:踏み込みが大事/臀部で跳ぶ/振り上げ/頂点/スイングスピード】【例:バスケットボール選手「ゴール下のシュート」:ジャンプ/ぐっ/力抜く/軌道】

③そのキーワードを意識しながら練習してみる
キーワードを決めたら、実際にその言葉を握っておきながら練習してみます。やってみることで、その言葉に違和感を感じたり修正をしたり、さらにレベルアップさせたりすることができていくと思います。
実際に意識をしながら、どんどんキーワードにも磨きをかけていってください。

以上、プレーの質を高め、試合で力を発揮する為の【キーワード法】についてご紹介していきました。
言葉の力を借りて、ぜひ最高のパフォーマンスに近づいていきましょう。

********
なんとなく意識をするよりも、明確なキーワードを握ることでプレーの詳細な再確認も可能になります。
ぜひ、これを機に技術やプレーの振り返りにも役立てていってくださいね。

-思考, 試合

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

【試合で使える】あがりの防止①身体面からの対処

以前の記事では、【「あがり」の兆候5つ】について、ご紹介しました。 そこで今回は、あがってしまったときの具体的な対処法について解説をしていきます。 あがってしまったときに、どのようにリカバリーしていく …

【客観的に認識しよう】「あがり」の兆候5つ

緊張して、どうにも体が思うように動かなくなってしまった経験はありませんか? 今回は、【あがりの兆候】についてご紹介していきます。 自分が緊張によって思うようにプレーできなくなったときを思い返しながら、 …

【前日までに準備しよう】本番当日のタイムスケジュールを書いてみる

本番に力を発揮するために、選手の皆さんはどのような準備をしていますか? 今回は、本番に力を発揮する為に、【前日までにできる準備】をご紹介していきたいと思います。 最高の準備をして、試合で力を発揮してい …

【どの選手にも、まだまだ伸びしろがある】「競技スキル」を探求するための視点

日々の練習に取り組むアスリートであれば、「どうしたらもっとうまくなるのか?」を常に探求している方が多いのではないでしょうか。 今回は、そんな【競技のスキルを高めるための視点】をご紹介します。それに沿っ …

【パフォーマンスに内面の特徴が出る】自己理解が大切な理由2つ

選手の皆さんこんにちは。 今回のコラムでは、スポーツをやる上での【自己理解の大切さ】について書いていきたいと思います。 自分の性格や考え方などの「内面」と「パフォーマンス」につながりがあると感じている …