選手のためのスポーツ心理学

心理学の専門家が【今日から現場で使えるスポーツ心理学の知識】を発信中。

モチベーション 意識 練習

【良い意識状態をつくる】練習前の過ごし方2つ

投稿日:2020年4月22日 更新日:

練習やトレーニングの前、選手の皆さんはどのように過ごしていますか?

「とりあえず時間になったから練習に行く」、という選手の方々も多いと思います。

今回は、【練習の質をさらに高める】練習前の過ごし方についてご紹介していきます。

練習の質を高めたい選手は、ぜひ最後まで読んでみてください。

良い意識状態をつくる、練習前の過ごし方

練習の質を高めるためにやってほしいことを、今回は2つご提案します。

①動画を見る

②今日の練習の宣言をする

次項で詳しく解説していきます。

①動画を見る

1つ目にやってほしいことは、【練習のモチベーションが上がる動画を見る】ということです。

視覚・聴覚から、刺激を取り入れることによって【練習前のテンション】を高めることができるからです。

例えば、陸上競技選手の場合。【世界陸上で憧れの選手の動画をみる】ということが、自分を奮い立たせてくれるかもしれません。または、【自分の過去の成功体験】が録画されたビデオかもしれません。その他、ライバルの動画、ということもあるかもしれません…。

このように、自分のテンションが最も上がる、感情的になれる【モチベーション動画】を何本か用意しておきましょう。

その中で、練習前に自分がもっとも【早く練習に行きたい】と思えるような動画を選び、練習前に見てみると、いつもよりちょっとだけ練習が楽しみになるかもしれません。

これによって、なんとなくやる気が出ない…というときにも、「刺激があること」によって、気持ちを維持したり高めたりすることができます。
動画以外にも、練習前に見たり聞いたりするとよさそうなものがあれば、ぜひ取り入れてみてくださいね。

②今日の練習の宣言をする

2つ目にやってほしいことは、練習前に【今日の宣言をする】ということです。

これをすることによって、自分の課題が【明確】になります。

普段、なんとなく練習を終えてしまう選手の特徴として、【具体的に何をすればいいか】が明確でないことがあると思います。

そこで練習前に、【今日やるべき課題】を明確にすることによって、練習の意味あるものにしてくれます。

(例:「今日は、素早い足さばきに特化して練習をする。そのために、速く足を動かすためのドリルを10本やる。」)

このように、【具体的な行動や意識】を練習前に宣言して取り組むことで、成長を確実なものにしてくれますよ。

********

以上、良い意識状態で練習をするための行動をご紹介しました。

やってみる中で、「自分は動画を見るだけじゃなくて、それに加えてイメージをしたほうがいいな…」「校庭へ向かう前に、チームメイトと会話したほうが意識が高まりそうだな…」など、自分にとって、必要な他の要素が見えてくることもあるかもしれません。

そんなときは、ぜひ自分が思いついたことをどんどん試していって、良い意識状態を作る為の工夫を行ってみてくださいね。

-モチベーション, 意識, 練習

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

【アスリートこそ意識してほしい】心の休息の重要性について

選手の皆さん、OFFの日には【心の休息】をしっかりと取れていますか? スポーツをしていると、【身体を休めること】に特に意識が行きがちですが、【心を休めること】も競技をしていくには同様に大切です。そこで …

【選手の気持ちを支える】音楽を意識的に活用しよう

選手の皆さん、競技をやる中で「音楽を聴くこと」で、士気を高めたりリラックスしたり、、、色々な場面で活用をしている方は多いのではないでしょうか? 今回は、競技の中で音楽を活用できる場面を、メンタルの観点 …

本番でベストパフォーマンスを発揮する為のメンタル【この3つを意識せよ】

「本番に良いパフォーマンスを発揮する」ということが得意な選手、苦手な選手、それぞれいると思います。 今回は、どのような選手においても、本番のパフォーマンスを高めるために【試合で意識すべきこと3つ】をご …

【練習に行きたくない時】3つの観点からやる気を取り戻す

気持ち的に、「今日はあまり練習したくない…」とやる気が起きない日はありませんか?とはいえ、部活動などに所属していれば、練習に行かなくてはなりませんよね。 今回は、そのようなときに使える【やる気・モチベ …

【飛躍したいアスリートへ】来年の目標設定をしてみよう

選手の皆さん、毎日寒い日が続いていますが、いかがお過ごしでしょうか?^^今回は、【来年の目標設定をしてみよう】というテーマでコラムを書いていきます。少し早いですが、1月から新たなスタートを切りたい選手 …