選手のためのスポーツ心理学

心理学の専門家が【今日から現場で使えるスポーツ心理学の知識】を発信中。

練習

【生産性を高める】コントロールできるものに集中しよう

投稿日:

「試合中に雨が降ってきたからイライラする…」「仲間が思い通りに動いてくれなくてむかつくな…」このように、自分がコントロールできないものに引っ張られてしまい、【今自分にできること】に集中ができなくなってしまった経験はありませんか?

今回は、【自分にコントロールできることに集中するコツ2つ】についてご紹介していきます。練習・試合、そして日常に使うことで、常に良い意識状態で過ごすことができ、生産性が高まります。

コントロールできるものに集中するコツ

世の中には、自分にコントロールできるもの・できないものがあります。

スポーツをやっているとき、日常生活を送っているとき、そして仕事をしているとき…環境に引っ張られてしまうことがあると思います。

そんな中、【今自分にコントロールできるもの】に集中していくことで、余計な感情を抱かず、結果的に良いパフォーマンスを発揮することができます。

そんな、コントロールできるものに集中していくコツは以下の2つです。

①コントロールできるもの・できないものを分類してみる

②「本当はどうなりたのか」常に握っておく

それでは、早速次項で解説していきます。

①コントロールできるもの・できないものを分類してみる

1つ目は、「コントロールできるもの・できないものを分類してみること」です。

そもそも、何が自分にコントロールできて、コントロールできないものなのかを分かっておくと、「自分が今やるべきこと」が見えやすくなります。

具体的には、紙に書き出しながらやってみることがおすすめです。

例えば、天気や試合会場、仲間のコンディション、etc…は自分にコントロールすることができませんよね。

そして、自分の行動、思考、言葉、etc…は自分自身で変えていくことができますよね。

このようにして、自分にできること・できないことを明確化していくことで、生産性のない感情に引っ張られることなく、集中することができます。

②本当はどうなりたいのかを常に握っておく

「本当はどうなりたいのか」を握っておくことがなぜ大切かというと、「自分が今やるべきことを見定めるため」の判断基準になってくれるからです。

例えば、「今日は試合で雨が降ってしまう。なんだか気乗りしないな…」という状況があったとします。

ここで、「本当はどうなりたいのか?」ということを問いかけることができると、「仲間と一緒にプレーを楽しみたい!」「自分のすべてを出し切りたい」などと、目的を確認することができます。

このように、大きな目的が確認できると、自分のワクワク感・プレーを楽しむ気持ちにもつながりやすくなってきます。

そして、「そのために今自分にできること」が、さらに生産性の高いものとなってくれるのです。

********

今回は、コントロールできるものに集中するコツについてご紹介しました。

コロナウイルスで練習時間がなかなか確保できない状況ですが、2つのことを意識して、ぜひ【今自分にできること】に集中していってくださいね。

-練習

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

【練習の濃度を高める】「記憶」の活用方法

1日1日の練習が大切だと分かっていつつも、「練習の質」を常に高めていくことは難しいことだと思います。 そこで今回は、そのような練習の濃度を高めるための1つ【記憶の活用方法】についてご紹介します。 「記 …

【ルーティーンを作りたい選手へ】作るためのコツや大切な考え方とは?

選手の皆さんの中には、すでにルーティーンを作っていらっしゃる方、やってみたいけど迷っている方、ルーティーンを作らないと決めている方…パフォーマンスを発揮する為のルーティーンに対して、色々な考え方がある …

【科学的に正しい】自己効力感を高める方法4つ

「自己効力感」とは、「できそう」「やってみたい」といった、チャレンジしてみたくなるという気持ちや、やったらできそうだ、という感覚のことです。 この自己効力感を高めることで、毎日良い意識状態で練習ができ …

【選手にやってほしい】勝つための習慣づくり

毎日練習があっても、ずっとトレーニングというわけではなく、日常生活の時間が大半の選手が多いと思います。 そこで、今回は【日常生活の習慣作り】のコツにフォーカスして記事を書いていきます。 勝つために、日 …

【練習の質を高める】日誌を書くことのメリット

日誌を書いたり、練習の振り返りをして、毎日の練習の質を高めている選手も多くいらっしゃると思います。そこで今回は、心理学的に日誌を書くメリットを改めて紹介していきたいと思います。 この記事を読むと、まだ …