選手のためのスポーツ心理学

心理学の専門家が【今日から現場で使えるスポーツ心理学の知識】を発信中。

練習

【学生アスリートこそ】メンタルコーチが必要な3つの理由

投稿日:2020年4月27日 更新日:

学生アスリートの皆さん、【メンタルコーチは、トップ選手にこそつくべきもの】と思ってはいませんか?

今回は、学生アスリートこそメンタルコーチをつけるべき理由についてお話していきます。

自分史上最高のパフォーマンスを発揮したい選手は、ぜひ最後まで読んでみてください。

学生アスリートこそ、メンタルコーチをつけるべき理由

学生アスリートこそメンタルコーチをつけるべき理由は3つあります。

①自分会議が圧倒的に足りない

②自由な時間が多いから

③競技経験を次の人生につなげたいから

次項で詳しく解説していきます。

①自分会議が圧倒的に足りない

トップアスリートと比較して、多くの学生アスリートの皆さんは、圧倒的に【自分会議】が足りていないことが多いです。

自分会議とは、【強くなるための、試合でパフォーマンスを発揮する為の、試行錯誤】のことです。

それは、決して能力が低いということでなく、学業やアルバイトとの両立だったり、競技に割ける時間というもの自体が少ないことが関係しています。

学生アスリートこそ、【自分会議に最大の伸びしろ】があり、メンタルコーチをつけることで、言葉にする機会が増え、飛躍的に思考量が増えていきます。

(メンタルコーチは、メンタルトレーニングとは違い、【言葉にしてもらうことで気づいてもらう】というコーチングをベースにした関わりとなります)

競技1つにとっても、技術・体力・メンタル・栄養・睡眠、などたくさんの伸びしろがあるなかで、【試行錯誤をする時間】を改めてとるということで、圧倒的に競技力を高めていくことができます。

②自由な時間が多いから

2つ目の理由は【自由な時間が多いから】です。

さきほど、「学生アスリートは学業とかアルバイトで忙しい」と言ったじゃないか!と思われた方もいらっしゃるかもしれません。

ここでいう【自由な時間】とは、【自分で管理しなければならない時間】ということです。

例えば、大学生の授業は、自分の履修次第で比較的自由な時間割の作り方ができたり、空き時間には特に制限なく過ごせたり、と【自分で選択して過ごす】時間が圧倒的に増えますよね。

そこで、競技力を高めるために、生産性を高めるために、より良い時間の使い方はできているか、が肝になります。

しかし、社会人経験のない学生アスリートが、自分一人でタイムマネジメントををしたり、努力を継続する仕組みづくりをするということは、ハードルが高いことだと思います。私も学生時代は苦労しました。

そこで、よりよい時間の使い方について、まずは言葉にしてみることができる人、自分の努力を見ていてくれる人、が近くにいるだけで、生産性が爆上がりしていきます。

話を聴いてもらうだけでなく、【できたら報告する】という仕組みをつくるだけで、勝手に努力できる体質になることができます。

メンタルコーチをつける、ということで時間の使い方の質が圧倒的に高まっていきます。

③競技人生と人生全体を統合したいから

3つ目の理由は、【競技人生と人生全体を統合したいから】です。

これは、本気でスポーツをやる時間は限られていて、人生全体の中の一瞬に過ぎないということ、そして、競技を引退した後も、長い人生が続いていくということです。そんな中で、この競技人生があったからこそ、そのあとの素敵な人生を送ることができた、という【かけがえのない時間】【かけがえのない学び】を競技の中で得てほしいと思います。

そこで、自分の人生全体の中で、この競技をやることがどんな意味になるのか?

これからの人生を豊かにしていくために、今できることは何か?

自分の将来を見据えながら、人生全体を大切にしながら、その中で【競技をやる意味】を自分の中に軸として持っておくと、さらに【充実した人生】【充実した競技生活】につながっていくと思います。

これからも、さまざまな経験が待っている学生アスリートの皆さんだからこそ、メンタルコーチに自分の夢、人生、競技をやる意味…そんなことを言葉にしてみて、自分会議をしていくことが、豊かな人生につながっていくのではないでしょうか。

********

以上、学生アスリートこそメンタルコーチをつけるべき理由について書いていきました。

人は言葉にすることで、成長が加速していきます。コロナで外出自粛が続く中だからこそ、ぜひメンタルコーチをつけて【自分会議を爆上げする】【時間の使い方を有効化】することにチャレンジしてみてくださいね。

-練習

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

【セルフコーチングに最適!】アスリートにも使える認知行動療法

選手の皆さん、認知行動療法という言葉を聞いたことがありますか?精神疾患の治療にも用いられる【心理療法】のことです。 今回は、アスリートのセルフコーチングにも使うことができる、【アスリート版:認知行動療 …

一流選手に共通する3つの特徴【心理学的に考察してみた】

一流選手になるために、どのような要素が必要なのでしょうか。 色々な考え方があると思うのですが、今回は、私の日ごろのアスリートとの関わりや心理学的な知見に基づいて【一流選手に共通する3つの特徴】を考察し …

【生産性を高める】コントロールできるものに集中しよう

「試合中に雨が降ってきたからイライラする…」「仲間が思い通りに動いてくれなくてむかつくな…」このように、自分がコントロールできないものに引っ張られてしまい、【今自分にできること】に集中ができなくなって …

【トップ選手になるために】セルフコンパッションの高め方

強くなるためには何をしたら良いのか、メンタルを鍛えるためには何をすればいいのか、日々試行錯誤する選手もいらっしゃると思います。 今回は、メンタルを鍛えることの1つ【セルフコンパッションを高めること】に …

【言葉にすると発見がある】競技用twitter作成のススメ

日々の振り返りが重要だと思っている選手の方々は多いですよね。 そこで今回は、【競技用twitter】作成のメリットとコツをご紹介します。 【短くコンパクトにまとめる】【人から見られている】というtwi …