選手のためのスポーツ心理学

心理学の専門家が【今日から現場で使えるスポーツ心理学の知識】を発信中。

モチベーション

【結果をだす選手になる】モチベーションを維持するコツ2つ

投稿日:2020年4月18日 更新日:

「今日の練習はモチベーションが上がらないな…」「疲れが残っていてやる気がでないな…」というように、モチベーションの維持に難しさを感じている選手も多いと思います。

そこで今回は、【モチベーションを維持するコツ】についてご紹介します。

やる気があるとき・ないときの波が激しいという選手は、ぜひ参考にしてみてください。

モチベーションを維持するコツ

モチベーションを維持する、具体的なコツは2つあります。

①目的確認(未来にどうなっていたいのか、を握っておく)

②仕組みづくり

それでは、次項で解説していきますね。

①目的確認をする

モチベーションを維持するコツの1つ目は、【目的確認をする】ということです。

選手の皆さん、ここに来るまでのそれぞれのストーリー、そして、これからのストーリーが1人1人違う形であると思います。

自分にとっての競技をやる意味、自分が競技をやるうえで大切にしたいこと、どんなものを手に入れたいのか…etc

このように【自分が競技を何のためにやっているのか】という目的を忘れずに握っておくことが、競技を頑張る大きなエネルギーになると思います。

練習以外にも、授業があったり仕事があったり、忙しい毎日だからこそ、【目的確認】をこまめにすると、大切なことを握って練習に取り組めますよ。

自分にとって、競技をやる意味を、今一度見つめなおしてみましょう。

②仕組みづくりをする

2つ目のコツは、【モチベーションが上がるような仕組みづくりをする】ということです。

これはそもそも、モチベーションが自然と上がるような仕組みができていないから、やる気がなくなってしまう、という考え方です。

例えば、毎日16時からの部活へ行くとき。いつも「行きたくないな~」「だるいな~」と思いながら、体育館へ向かう選手がいるとします。

そこで、【モチベーションが上がる仕組みづくり】として【部活に行く前、過去の試合の動画を見る】という刺激を入れてみる、という工夫が一つ考えられます。

このように、その選手にとって【モチベーションの上がる何か】を練習前に取り入れたり、練習後にご褒美をつくったり、色々な刺激の取り入れ方があると思います。

その選手に合った、【モチベーションが維持できる仕組みづくり】を改めて考えてみましょう。

実際にやってみよう

ここからは少し作業です。以下のことを紙にかきだしみてましょう。

①目的確認をする

競技をやる中で、あなたが大切にしたいことは何ですか?

競技をやる意味とは何ですか?

目標達成ができると、どんな未来を創ることができますか?

②仕組みづくりを考える

モチベーションが一番下がるときはいつですか?

そのときの状態をよくするために、練習前、練習中、練習後に何か工夫できることは?

********

モチベーションが上がるとき、下がるときは誰しもあると思います。

まずは、下がっていることに気づき、目的確認でリカバリーすること、そして仕組みづくりをすることで、練習の質を高めていくことができるのではないでしょうか?ぜひ、日頃の練習から試してみてください。

-モチベーション

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

【達成するために】選手が「目標」を書いた後にやってほしいこと

選手の皆さん、目標を紙に書いた後、どんな使い方をしていますか? 今回は、せっかく書いた目標を達成するために、【目標を書いた後の活用の仕方】についてご紹介していきたいと思います。 書くだけではなく、それ …

【練習仲間と一緒にできる】モチベーション維持の仕組みづくり

選手の皆さん、日々の練習や自主練、日誌など、自分一人では質の高い継続が難しいと感じたことはありませんか? そこで今回は、【仲間と一緒にできるモチベーション維持】の仕組みづくりについてご紹介していきます …

【良い意識状態をつくる】練習前の過ごし方2つ

練習やトレーニングの前、選手の皆さんはどのように過ごしていますか? 「とりあえず時間になったから練習に行く」、という選手の方々も多いと思います。 今回は、【練習の質をさらに高める】練習前の過ごし方につ …

【ケガで練習ができない】モチベーションの保ち方

選手の皆さん、けがをして思うようにモチベーションを維持することが難しかったという経験はありませんか? 今回は、けがをしたときにどのようにモチベーションを保ちながら【前へ進んでいくか】ということを書いて …

【アスリートがやるべき:強みを見つける方法】成功パターンを振り返る

成功に近道はないとはいえ、日々の練習や試合での学びを効率化することはできますよね。 今回は、【自分の強みを探って、最短で結果をだすための方法】についてご紹介します。 期限付きの目標がある選手は特に、最 …