選手のためのスポーツ心理学

心理学の専門家が【今日から現場で使えるスポーツ心理学の知識】を発信中。

意識 緊張 練習 試合

セルフでできるメンタルトレーニング②【セルフモニタリング】

投稿日:2021年1月29日 更新日:

選手の皆さん、寒い日が続いていますがいかがお過ごしでしょうか。

今日は、セルフでできるメンタルトレーニングの2つ目、「セルフモニタリング」についてご紹介していきたいと思います。

競技だけではなく、日常生活から取り入れられる方法なので、「メンタルを鍛えたいけれれど、何をして良いか分からない」と思っている選手こそ、まずはこれをやってみると良いかもしれません^^

目次

今回は、セルフモニタリングをテーマに、以下について書いていきたいと思います。

①セルフモニタリングとは何か
②セルフモニタリングを取り入れよう


それでは早速、解説していきますね^^

①セルフモニタリングとは何か

まず最初に、
「セルフモニタリング」という言葉を聞いたことはありますか?

セルフモニタリングとは、その名の通り「自分自身を観察すること」です。
これだけだとなかなかイメージが湧きづらいと思うのですが…

例えば、スポーツをやっていく中で、緊張する場面があったり、ここ一番で勝負強さを発揮したい場面があったり…と、「自分自身のメンタルが揺れること」は多くあるのではないでしょうか。

そんな中で、自分自身のメンタルの状態を、「常に観察し把握しておくこと」で「そこに対処していくこと」も可能になっていきます。

少しイメージが湧きづらいかもしれませんので、以下の例を見ていきましょう。

セルフモニタリングができているサッカー選手の例
(例)PKの前
今すごく緊張しているな…体が硬くなっていて、呼吸が速くなっている。【セルフモニタリング】
まずは深呼吸をしよう…【具体的な対処】

このように、自分の状態を把握していくことで、具体的な対処することも可能になっていきます。
そして、まずは今回、セルフモニタリングを練習して頂ければと思います。
次項でセルフモニタリングを行っていく手順について紹介していくので、ぜひ実践してみてくださいね。

セルフモニタリングの方法

先ほどは、セルフモニタリングとは何か、について書いていきました。
今度は実際に、セルフモニタリングの方法を書いていきたいと思います。

練習・試合の際にはもちろん、日常生活から実践できることですので、ぜひ競技以外の生活でも取り入れてみてくださいね。

==================

セルフモニタリングの方法

1.今、自分に何が起こっているのかをとにかく観察し、まずはメモに書き出す
①心:失敗したらどうしようと思っている。怖い。試合に出たくない。
②身体:手汗がでてきて、身体が軽い感じがする。

2.その状態をいったん受け入れる。

==================

すごくシンプルなのですが、とにかく「今、自分の中で起こっていること」を観察していきます。
例えば、上記のように「心」と「身体」に分けて、それぞれ状態を把握していくと、何が起こっているのかより分かりやすくなります。

そして、観察ができたらその状態をいったん、心の中で受け入れてみましょう。

よくあるケースとして、

・緊張をしている自分を批判するような考えを持つ(なんて自分はダメなんだ)
・今の状況を変えようとするが、焦ってしまいうまくいかない


というように、現状を受け入れずに批判してしまったり、やみくもにもがいてしまう例を見かけます。

そこで、まずは「現状をいったん受け入れる」ことをやってみてほしいと思います。
現実から目を背けずにいったん受け入れることで、その後具体的な対処方法を考えやすくなっていくからです。

最初は、自分の気持ちにしっかり目をむけたことが無かった…という選手ももちろんいらっしゃるの思うので、まずは紙に書き出してみることがおすすめです。
それができるようになったら、普段の生活の中で、今自分はこう思っているな、こう感じているな…と意識しながら生活してもらえると良いと思います。

このように、「今何が起こっているのか」という自分自身の状態を常に握っておくことで、そこに対処していくことも可能になっていきます。

そして、セルフモニタリングはやればやるだけ上手になっていきますので、ぜひ日頃の日常生活から実践してみることをオススメします^^

********
今回は、「セルフモニタリング」のやり方について紹介していきました。
メンタルを鍛えたいけど何からやればいいか分からないという選手や、自己理解をしていきたい選手にもおすすめです。
自分自身の状態を常に分かっておくことで、よりよい判断が見えやすくなっていきますよ^^

-意識, 緊張, 練習, 試合

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

アスリートに重要な【仮説と検証の意識】

日々の練習がただ「こなすだけ」になってしまい、効果を実感できていない選手は意外と多いと聞きます。 身体にも負荷がかかる練習を、意味のないものにしてしまうともったいないですよね。 今回は、そのような「意 …

【練習に行きたくない時】3つの観点からやる気を取り戻す

気持ち的に、「今日はあまり練習したくない…」とやる気が起きない日はありませんか?とはいえ、部活動などに所属していれば、練習に行かなくてはなりませんよね。 今回は、そのようなときに使える【やる気・モチベ …

アスリートにやってほしい【瞑想で練習前のマインドセットをつくる】

選手の皆さん、練習前の【気持ちの状態】は整っていますか? 今回は、余計な思考を巡らせず、今の練習に集中していく「瞑想」についてご紹介していきます。 練習前や自宅を出発する前の10分間があればできるので …

一流選手に共通する3つの特徴【心理学的に考察してみた】

一流選手になるために、どのような要素が必要なのでしょうか。 色々な考え方があると思うのですが、今回は、私の日ごろのアスリートとの関わりや心理学的な知見に基づいて【一流選手に共通する3つの特徴】を考察し …

セルフでできるメンタルトレーニング④【意図してリラックスを取り戻す】

選手の皆さん、緊張をしたときに「意図的にリラックスを取り戻すこと」はできていますか?(これはトレーニングをしないと、なかなか難しいと思います・・・。) 今回の記事では、試合中に予想以上に緊張感が高まっ …