選手のためのスポーツ心理学

心理学の専門家が【今日から現場で使えるスポーツ心理学の知識】を発信中。

緊張 試合

【試合時の緊張:対処法】「目的」を確認しよう

投稿日:2020年8月28日 更新日:

選手の皆さん、試合前や緊張時にどのような対処を試みていますか?
今回は【目的を確認する】ことによって、大切なことを見失わず、試合に臨む方法をご紹介してきます。
誰でも実践できる方法で、練習からも取り入れられる方法なので、ぜひ最後まで読んで実践してみてくださいね。

緊張時こそ、「目的」を確認する

選手の皆さん、緊張したときに、頭の中ではどんなことを考えていますか?
とある、試合で緊張をしているバレーボール選手の例を参考に少し頭の中をのぞいてみましょう。

(例)緊張時のバレーボール選手の頭の中

・失敗したらどうしよう
・ミスしたらダメだ
・全然うまくいかない
・今日調子わるいなぁ
・早く終わってほしい
・なんでいつも緊張してしまうのだろう
・自分はメンタル弱いなぁ
・サーブが入らなかったらどうしよう
…etc

このような状況では余裕がなくなってしまい、「目的」や「本当は何を大事にプレーできればいいのか」といった、自分にとって本当に大切な事柄に目が向かないことが多いですよね。

勝たなければいけない、ミスしたらいけない、という結果に捉われるだけではなく、【試合にでる意味や目的】をまずは意識していきましょう。

意識的に「目的」に目を向けていくことで、【大事なことを見失わず】、少しでも自分のプレーに集中しやすくなっていきます。

実際にやってみよう

それでは早速「目的」を、試合前に確認しておきましょう。
まずは「結果」の前に、競技をやるうえで何を大切にしたいのか、思い返していきましょう。
以下に、例を記載しますので【自分にとっての①競技を行っていく目的/②試合の目的】を、紙などに書き出して考えてみてくださいね。

===========
(例)とあるバレーボール選手

①競技をおこなっていく目的:バレーボールが好き/チーム競技が好き/自分の個性でチームに貢献したい/最後までやり遂げて自信にしたい/得意な技を極めたい

②試合の目的:バレーボールを思いきり楽しみたい/自分らしいプレーを存分に発揮したい/持ち味のジャンプ力を生かす/滞空時間を楽しむ/仲間を信じる/このチームでどこまでいけるか試したい

===========

このように、【本当は何を大切に競技・試合をやりたいのか?】をまずは振り返って、意識してみましょう。

これらを書くことができたら、試合前に見返したり、日頃の練習から定期的に確認し、結果よりも「目的」を大切にしながら、競技に取り組んでみてくださいね。

勝ち負けよりももっと先にある「目的」を握り、あなたの競技人生がさらに豊かになっていくことを願っています。

*******
今回は、試合の緊張時に、「目的」を確認することをお伝えしていきました。
誰でもいつでも実践できる方法なので、試合前はもちろん、日頃の練習からやってみると、より充実した競技人生につながっていくのではないでしょうか^^

-緊張, 試合

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

【ルーティーンを作りたい選手へ】作るためのコツや大切な考え方とは?

選手の皆さんの中には、すでにルーティーンを作っていらっしゃる方、やってみたいけど迷っている方、ルーティーンを作らないと決めている方…パフォーマンスを発揮する為のルーティーンに対して、色々な考え方がある …

練習と練習の間が肝心!成長速度を高める習慣をつくろう

選手の皆さん、練習前や練習後など、練習以外の時間をどのように過ごしていますか?今回は、練習と練習の間でできる【成長速度を高めていくための習慣作り】をご紹介したいと思います。練習の効果を高めたい選手、常 …

【試合で使える】あがりの防止②認知面からの対処

前回の記事では、「あがり」の防止について、身体面からの対処法をお伝えしていきました。 今回は、認知面(考え方)からの対処法をご紹介していきます。 対処の方法が増えていくことで、様々な状況への対処が可能 …

セルフでできるメンタルトレーニング②【セルフモニタリング】

選手の皆さん、寒い日が続いていますがいかがお過ごしでしょうか。今日は、セルフでできるメンタルトレーニングの2つ目、「セルフモニタリング」についてご紹介していきたいと思います。競技だけではなく、日常生活 …

【不安・緊張への対処】まずは「思考・感情・身体・行動」の現状把握から

試合の時など、競技をしていると「不安や緊張」といったネガティブな感情が出てくる場面もありますよね。 そこで今回は、そのような感情に対処していくための一歩目【まずは現状把握をすること】についてお伝えして …