選手のためのスポーツ心理学

心理学の専門家が【今日から現場で使えるスポーツ心理学の知識】を発信中。

緊張 試合

【試合で使える】あがりの防止①身体面からの対処

投稿日:2020年5月13日 更新日:

以前の記事では、【「あがり」の兆候5つ】について、ご紹介しました。

そこで今回は、あがってしまったときの具体的な対処法について解説をしていきます。

あがってしまったときに、どのようにリカバリーしていくか、ぜひ最後まで読んで対処法を身につけていってくださいね。

あがっても「対処」すれば大丈夫

試合であがってしまうと、いつもの動きができなかったり気持ち的には落ち着かなかったり、と焦ってしまうことも多いですよね。

試合であがっても、大丈夫。

なぜならば、それを認識して「対処」すればよいからです。

今回は、そんなあがってしまったときの対処方法について、解説をしていきます。いくつか対処方法はあるのですが、特に、身体面からのアプローチについてご紹介します。

それでは、次項で早速見ていきましょう。

具体的な対処方法【身体面から】

「あがり」への具体的な対処方法は、いくつか異なるアプローチがあります。

その中でも今回は、【身体面からの対処法】について、つご紹介します。

=======

1.緊張しすぎてしまっているとき
まず1つ目、緊張しすぎて体が思い通りに動かないときにできる、対処法は【漸進的弛緩法】というものです。
漸進的弛緩法のやり方は以下の通りです。
①力の入れやすい部位(手、顔など)にグーっと力を入れて5~8秒間キープします。
②そのあと、一気に力を抜いてダラーンと脱力させます。

これを、いくつかの身体の部位で行ってみてください。意識的に力を入れる・抜くを繰り返すことで、体のコントロール感を取り戻していくことができます。

.緊張感がやや足りずに、体がだるいとき
2つ目は、緊張感が抜けてしまい体が何となくだるいときの対処法【サイキングアップ】です。
例えば、ある程度の心拍数が無いと、気分の盛り上がりや体のウォームアップ、注意集中力が足りずに、良いパフォーマンスが望めませんよね。
そこで、心拍数を高めるための【サイキングアップ】をやってみましょう。サイキングアップの中でも、特に身体面からのアプローチは以下の2つです。
①短く早い呼吸を繰り返す
ろうそくの火を吹き消すように、強く短く息を吐きだします。
②簡単な身体運動を繰り返す
軽いジャンプやランニング、ももあげなどの、簡単な運動を行います。
心拍数を増加させることによって、緊張感を高めていくことができます。

以上、身体面から、「あがり」を対処する方法をご紹介しました。
試合だけではなく、練習場面、日常生活での緊張場面でも使える方法なので、ぜひ【対処をすること】に慣れていってくださいね。

********
今回は、身体面から「あがり」に対処する方法をご紹介しました。
次回以降、メンタル面からのアプローチもご紹介しますので、楽しみにしていてくださいね。

-緊張, 試合

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

【試合で使える】「キーワード法」で重要なことを握っておく

試合のここぞ!というときで、自分の力を発揮できるようになりたい!誰しも、最高のパフォーマンスが発揮出来たらいいですよね。 今回は、大事な場面で力を発揮できるようにする方法【キーワード法】についてご紹介 …

【プレー中:切り替えが苦手な選手へ】過去の後悔/未来への不安を引きずらないコツ

選手の皆さん、プレーの中でミスを引きずり、今に集中できなくなってしまったことはありませんか? 今回は、試合中にミスをしてしまったとき、【切り替えるコツ】をご紹介していきます。 特に、ミスが怖い選手、切 …

【客観的に認識しよう】「あがり」の兆候5つ

緊張して、どうにも体が思うように動かなくなってしまった経験はありませんか? 今回は、【あがりの兆候】についてご紹介していきます。 自分が緊張によって思うようにプレーできなくなったときを思い返しながら、 …

【試合時の緊張:対処法】「目的」を確認しよう

選手の皆さん、試合前や緊張時にどのような対処を試みていますか?今回は【目的を確認する】ことによって、大切なことを見失わず、試合に臨む方法をご紹介してきます。誰でも実践できる方法で、練習からも取り入れら …

【ルーティーンを作りたい選手へ】作るためのコツや大切な考え方とは?

選手の皆さんの中には、すでにルーティーンを作っていらっしゃる方、やってみたいけど迷っている方、ルーティーンを作らないと決めている方…パフォーマンスを発揮する為のルーティーンに対して、色々な考え方がある …