選手のためのスポーツ心理学

心理学の専門家が【今日から現場で使えるスポーツ心理学の知識】を発信中。

練習

【最高のプレーを量産する】ルーティーンの作り方

投稿日:

選手の皆さん、「ルーティーン」という言葉を、聞いたことがありますか?

イチロー選手がバッターボックスに入ったときに行うあの動作、五郎丸選手がキックをする前にとるあのポーズ、などでとても有名になりました。

今回は、そんな【最高のプレーを量産する】ルーティーンの作り方をご紹介します。家の中でも実験できるので、外出自粛の期間にぜひトライしてみてくださいね。

ルーティーンは【最高のプレーを量産】する

ルーティーンは、最高のプレーを量産します。

なぜなら、【ルーティーン】と【最高のプレー】を紐づけることで、いつでも最高のプレーを発揮できるようになるからです。

例えば皆さん、【梅干し】を想像してみてください。これを想像したときに、「すっぱそう」「唾液が出てくる」という反応が自然と湧き出たかと思います。

このように、【梅干し】に対して【唾液がでる】という反応が、意識していなくても自然と出てきますよね。

今までの経験によって、梅干しはすっぱいものだと分かっているから、梅干しという【刺激があると反応がでる】、という【紐づけ】が成立しています。

ルーティーンも同じメカニズムで、【ルーティーン】と【最高のプレー】を紐づけすることで、【最高のプレーをいつでもできるようにする】という発想になります。

次項では、ルーティーンづくりの手順について解説します。

ルーティーンづくりの手順4つ

ルーティーンづくりの手順は以下の4つです。

①まずは、集中したいシーンを1つ選ぶ
(イチローでいうと、バッターボックスにはいったとき、など)

②そこでどんなプレーができたら最高か?絵に描いてみる
(最高の瞬間を写真で1枚とるとしたら、どんな絵になる?うまい下手関係なし。)

③そのパフォーマンスの前にやったらよさそうなこと、なるべく沢山書きだしてみる。
(動きなのか、視線をどこかにずらすなのか、呼吸を変えるのか、音に意識を向けるのか…など。大きな動きに限らず色々な可能性を考える)

④動きながら、全部試してみる。その中でしっくりくるものを1つ選ぶ。
(家で、私服で、【ルーティーン】と【プレー】の動作を試してみる。軽くやるだけでも、体を動かして試すことが大事。)

以上が、ルーティーンづくりの手順となります。

ぜひ、自分らしい最高のプレー、自分らしいルーティーンを追求するために、家で色々な実験を行ってみてくださいね。

********

ルーティーンで、最高のプレーを量産する。

まずは、外出自粛のこの期間に、ルーティーンづくりからトライしてみてはいかがでしょうか?

-練習

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

【選手が今だからできること】ブレインストーミングをやってみよう

現在は、コロナウイルスの影響でなかなか練習が思い通りにできない選手も多いと聞きます。そこで今回は、自宅でできる【ブレインストーミング】という思考法をご紹介します。 紙とペン(+あればフセン)さえあれば …

【練習の質を高める】日誌を書くことのメリット

日誌を書いたり、練習の振り返りをして、毎日の練習の質を高めている選手も多くいらっしゃると思います。そこで今回は、心理学的に日誌を書くメリットを改めて紹介していきたいと思います。 この記事を読むと、まだ …

【トップ選手になるために】セルフコンパッションの高め方

強くなるためには何をしたら良いのか、メンタルを鍛えるためには何をすればいいのか、日々試行錯誤する選手もいらっしゃると思います。 今回は、メンタルを鍛えることの1つ【セルフコンパッションを高めること】に …

【ケガで練習ができない】モチベーションの保ち方

選手の皆さん、けがをして思うようにモチベーションを維持することが難しかったという経験はありませんか? 今回は、けがをしたときにどのようにモチベーションを保ちながら【前へ進んでいくか】ということを書いて …

【学生アスリートこそ】メンタルコーチが必要な3つの理由

学生アスリートの皆さん、【メンタルコーチは、トップ選手にこそつくべきもの】と思ってはいませんか? 今回は、学生アスリートこそメンタルコーチをつけるべき理由についてお話していきます。 自分史上最高のパフ …